From Darwin to Derrida その156

 

第12章 意味をなすこと(Making Sense) その21

 
ヘイグの意味についての議論は因果の流れに移り,ミクロの出来事の影響がマクロに表れる場合もその逆の場合もあることを解説する.
  

バスタブの寓話 その2

 

  • 出来事の因果的影響は増幅することも減退することもある.ブラジルのマリーリアのチョウの羽ばたきがシドニーでの土砂降りを引き起こすという「バタフライエフェクト」は小さな違いが大きな違いを生むことの直感的な表現だ.ダイナミックアトラクターの存在は正反対のインプリケーションを持つ.アトラクターは違いを消すことがある.バスタブを考えてみよう.水が注ぎ込まれたのが,カップからだろうが,シャワーヘッドからだろうが,蛇口からだろうが,結局排水溝へ流れて行く.バスタブは文字通りアトラクションのベイシン*1なのだ.バスタブの形は,水分子の動きの全ての自由度を最終的にゼロにする.個別の水分子はそれぞれ独自の排水溝への経路を持つが,将来的な影響に違いはない.これは違いを作らない違いなのだ.バスタブの材質ではなく,形が過去の違いをキャンセルする.バスタブはその意図を強制する.

 
状況の構造が因果を増幅したり減衰させたりするとヘイグは説明する.ここではバスタブになっているが,形態だけだと漏斗の方がしっくり来る様にも思える.(ヘイグが念頭に置いている)過去のこれを取り上げた哲学的議論*2がバスタブを使ったという経緯があるのかもしれない..
 

  • 水がある時の渦巻きは再帰的なアトラクターだ.生物界は再帰的な目的追求アトラクターであふれている.なぜなら「最も美しく,最も素晴らしい際限のない形態が進化してきたのであり,今も進化している」からだ.収斂形質は進化時間の適応空間におけるアトラクターだ.成体の形態は発生時間における形態空間のアトラクターだ.生得的行動や学習された行動は,行動時間におけるパフォーマンス空間におけるアトラクターだ.文化的慣習は,社会空間や,それによりグループメンバーが共通の意味に収斂する方法におけるアトラクターだ.フォントや発音における微妙な違いは言葉がどう理解されるかに影響を与えない.単語のトークンは表現の自由を生む安定性の基礎だ.そしてもちろん敬礼も奇妙なアトラクターなのだ.

 
途中にあるのはもちろんダーウィンの「種の起源」の最終パラグラフからの引用だ.自然淘汰が形作る生物は再帰的な目的追求のアトラクターであり,そこに見られる安定性はバスタブ型の構造から来るとみなすことができるということになる.このような視点から見ると収斂形質,発生における成体形態,行動パターン,文化的慣習,言語の離散性から来る安定性も似たような構造の中にあると見ることができるわけだ.
 

  • 生物はホメオスタティックなアトラクターの階層を体現している.このアトラクターは空間的時間的な様々なスケールにおける因果的揺らぎに影響を受けずに基礎的な機能を保証する.分子から個体に至るまでの全てのレベルの身体のアトラクターは,予期せざる出来事から受ける個体の運命への影響を和らげる.このような非重要な出来事からの影響を緩衝することは,重要なことへの集中を可能にする.生物は世界にある様々な潜在的な原因のなかから,意思決定ポイントにおいて,適応的に干渉することを可能にするものを選択する.生物体は不動の動者であり,それは意図した目的の追求の中で自己選択した情報により動く.それはどの違いが違いをもたらすかを決めるのだ.責任転嫁はここで止まる.生物は自分で自分の運命を選ぶのだ.

 
そしてこのような因果構造の中を生きる生物は,安定しているものはその構造にまかせ,違いを作る違いに集中して意思決定を行うことになる.デネットの自由意思の考え方のヘイグ流の解釈ということになろうか.
 
デネットの自由意思についての本を再掲しておこう.

 

*1:最終的に同じ結果になる初期条件の集合という意味だが,basinには水盤という意味がある

*2:あるいはデネットの「Elbow Room」にあるのだろうか?