講演会

産研アカデミックフォーラム「 文化を科学する:進化論で社会を理解する」 その3

最後にかなり長めの時間をとってパネルディスカッションが行われた. パネルディスカッション コメント 里見龍樹 私は文化人類学者であり,その立場からのコメントとなる. 現在の文化人類学は進化学とは相性が悪いとされている.しかしそういう不毛な対立に…

産研アカデミックフォーラム「 文化を科学する:進化論で社会を理解する」 その2

文化進化のフォーラム.続いては考古遺物から見えるもの. 考古学における文化進化:過去の文化ダイナミクスの復元をめざして 田村公平 問題意識としては多様性を簡単な原理で説明できるかというところに持っている.これはまさにダーウィンのそれであり,私…

産研アカデミックフォーラム「 文化を科学する:進化論で社会を理解する」 その1

7月27日に早稲田大学で「文化を科学する」という講演会があったので参加してきた.早稲田のキャンパスも最近は近代的な校舎が立ち並んでなかなかモダンだ.主催が早稲田大学産業経営研究所ということで経済学・経営学系のフォーラムということになる.司会者…

進化生態こまば教室 「宿主操作の群集進化生態学的意義」

東大駒場キャンパスで開かれる「進化生態こまば教室」の5月24日の講演で数理生物学者の入谷亮介さん(@lambtani____)が登場し,パラサイトによるホスト操作の講演を行うというので参加してきた.パラサイトによるホスト操作は,操られるホスト側に感情移入…

 EVOLINGUISTICS 2018「言語とコミュニケーションの進化」参加日誌 その4

連続講演会は週が変わって京都へ.8/6の京都大学百周年記念ホールの講演会(言語進化のモザイク性について,道具製作と言語進化について)には都合がつかなかったが,8/9の京都大学芝蘭会館別館*1でのトマセロ教授の最終講演会に参加できた.やや狭いセミナ…

 EVOLINGUISTICS 2018「言語とコミュニケーションの進化」参加日誌 その3

EVOLINGUISTICS 2018.8月4日も都合がついたので駒場へ.会場は8/3会場の隣の21KOMACEE West.この日は多くの発達心理,認知科学周りの講演が組まれている. 8月4日 意図共有とコミュニケーション 東京大学駒場キャンパス 21KOMACEE West 本日のセッションに…

 EVOLINGUISTICS 2018「言語とコミュニケーションの進化」参加日誌 その2

8月3日 キーノートレクチャー2 東京大学駒場キャンパス 21KOMACEE East 言語進化に関する連続講演会企画「EVOLINGUISTICS 2018」. 8/2の文京学院大学ふじみ野キャンパス(埼玉県ふじみ野市)の講演(脳の形態や道具との関連についてのもの)と東京学芸大(…

 EVOLINGUISTICS 2018「言語とコミュニケーションの進化」参加日誌 その1

8月1日から9日にかけて,新学術領域「共創的コミュニケーションのための言語進化学」主催による連続講演会「EVOLINGUISTICS 2018:言語とコミュニケーションの進化」が東京,京都の各所で開かれた.すべて聴講することはできなかったが,都合がついたものに…

 公開シンポジウム「最新テクノロジーが繋ぐ霊長類のゲノム,発生,生態,そして進化」 その2 

休憩後の講演は医学実験と比較ゲノム解析に関するもの 「最新医科学に貢献する霊長類―霊長類だから知り得たこと―」 中村紳一朗 滋賀医科大学の獣医師の資格を持つ研究者からの講演.サルを用いた実験がヒトの医療にどのようにに寄与しているかがテーマ.この…

 公開シンポジウム「最新テクノロジーが繋ぐ霊長類のゲノム,発生,生態,そして進化」 その1

第34回日本霊長類学会(7月13日〜15日)の最終日に公開シンポジウムがあったので聴講してきた.場所は武蔵大学江古田キャンパス.霊長類学会では中高生ポスター発表,中高生セミナーなども企画していて,聴衆には中高生の姿も多い. テーマは「最新テクノロ…

 「進化はモラルを説明できるか」

東大文学部の社会心理研究室では「新・社会心理学コロキウム」として国内外で活躍する研究者を招聘したコロキウムを本郷で開催している.先月25日開催コロキウムには数理生物学者の大槻久が登場するということで参加してきた.演題は「Can Evolution explain…

 長谷川寿一先生・眞理子先生の節目を祝う会

日本人間行動進化学会(HBESJ)創設者の長谷川寿一・眞理子ご夫妻にとり,今年度は,寿一先生がこの3月で東大を退官,眞理子先生が昨年4月に総研大の学長に就任という節目の年にあたるということから記念講演会と謝恩パーティによる「節目を祝う会」が2月23…

 シンポジウム:先史文化進化の展望:考古学から行動実験まで その2

8月8日.シンポジウム2日目,本日はゲストスピーカの講演主体の日程になる. 文化進化とヒトの社会複雑性の生態学:人類の歴史の主要な特徴の調査についての新しいモデルと新しいデータセット トーマス・カリー The cultural evolution and ecology of human…

 シンポジウム:先史文化進化の展望:考古学から行動実験まで その1

Symposium: Perspectives on Prehistoric Cultural Evolution: From Archaeology to Behavioral Experiment8月7日8日に文化進化のシンポジウムが開かれたので参加してきた.会場は品川駅近くの貸し会議室施設AP品川.このシンポジウムは「歴史科学諸分野の連…

 「子を他人に預ける鳥,カッコウ類研究の最前線」

少し前になるが9月24日に山階賞受賞シンポジウムとしてカッコウと托卵鳥に関する講演会が開かれたので参加してきた.これは今年上田恵介氏が山階芳麿賞を受賞した記念に,本人と教え子による一般向け講演会が開かれたというものだ.場所は本郷の東大弥生キャ…

 講演会/ワークショップ「より有益で,より効率的な研究をデザインしよう」

前回,心理学評論特集「心理学の再現可能性:我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」についてレビューしたが,この再現性問題についてはそのほかにも様々な動きがある. そのような試みの一環として,科研費・挑戦的萌芽研究「社会心理…

 社会の数理セミナー「パブリックとプライベート状況における相互作用の評判効果」

東工大の中丸先生は「社会」に関する数理モデルやシミュレーションモデルを内容とする「社会の数理セミナー」を東工大大岡山キャンパスで不定期に開催しておられる.https://sites.google.com/site/mayukonakamarulab/home/semina-an-nei/she-huino-shu-lise…

 東京大学 こころの多様性と適応の統合的研究機構 キックオフシンポジウム

東京大学には,学部,研究科,研究所,全学センターなどの組織とは別に「総長室総括委員会」を設置する「機構等」という組織が20近くある.(例えば地球観測データ統融合連携研究機構,大学発教育支援コンソーシアム推進機構などの名前が並んでいる) 今般こ…

 社会の数理セミナー「有限集団における双行列ゲームの戦略の固定確率」および「ゲームが血縁者間で行われる場合の進化動学」

東工大の中丸先生は「社会」に関する数理モデルやシミュレーションモデルを内容とする「社会の数理セミナー」を東工大大岡山キャンパスで不定期に開催しておられる. https://sites.google.com/site/mayukonakamarulab/home/semina-an-nei/she-huino-shu-lis…

 「進化生物学と道徳心理学」

道徳心理学コロキアムなるコロキアムがあって,第5回のワークショップが「進化生物学と道徳心理学」をテーマにして行われると知って参加してきた*1.このコロキアムは科学哲学者の太田紘史の主催によるもので,参加者には哲学や倫理学をホームフィールドにする…

 日本学術会議公開シンポジウム 「進化は生物学を統合する」

8月9日に日本学術会議主催の公開シンポジウムが乃木坂の日本学術会議本部で開かれたので参加してきた.第22期日本学術会議の分野別委員会のひとつ「統合生物学委員会」のさらに分科会「進化・系統学分科会」が中心になって企画したものだ.テーマはドブジャ…

日本進化学会2013 TSUKUBA 参加日誌  その8 

大会第4日 午後 筑波には国立科学博物館の付属施設である筑波実験植物園があり,単に植物園があるだけでなく標本収蔵施設が併設されている.ということでその紹介を兼ねた公開講演会の企画となったようだ. 公開講演会 「自然史標本がつなぐ歴史と未来」 植…

 d-laboセミナー「ヴィジュアルなサイエンス 〜分類と系統を視覚化する〜」

d-laboとはスルガ銀行が東京ミッドタウンに開設しているラボで,様々なセミナーやプロジェクトが行われている.(詳細はhttp://www.d-laboweb.jp参照)今回8月20日に三中信宏のセミナーが開かれると知り参加してきた.夜7時から9時という2時間もの“高座”はか…

 東京Teen Cohort講演会  

東京Teen Cohortとは,東京大学・総合研究大学院大学・東京都医学総合研究所の3つの機関が連携して行う研究プロジェクト「青春期の健康・発達コホート研究」のことだ.これまであまり調査されてこなかった,10歳から20歳にかけていわゆる思春期のヒトの発達…

 ジャレド・ダイアモンド講演会 「The Earth of Dr. Jared Diamond」

日本科学未来館では現在<つながり2013プロジェクト>を遂行中だ.これは「今の地球,今の自分についての「知」を深め,未来のビジョンをともにつくり上げることを目指したプロジェクト」だそうで,今回2月11日に日本経済新聞社との協賛でジャレド・ダイアモ…

 高等研レクチャー「心の進化的起源」

12月8日に「心の進化的起源」と題された講演会が高等研レクチャーとして開かれた.場所は東京大学本郷キャンパスの一角*1にこの4月新しくできた伊藤国際学術研究センター内の伊藤謝恩ホール.このセンターはイトーヨーカードーの創業者でセブン&アイホールデ…

 交替劇プロジェクト講演会 『ネアンデルタール人と新人サピエンスの交替劇』

11月18日にネアンデルタール関連の講演会があったので聴講してきた.会場は一橋の如水会館となりの学術総合センター*1.この講演会は新学術領域研究「交替劇プロジェクト2010-2014」の主催.プロジェクトは「ネアンデルタールとサピエンスの交替劇は旧人と新…

 サイエンスカフェ「個性の行動学」

去る11月6日,東京大学駒場キャンパスにおいてサイエンスカフェが開催されていたので参加してきた.主催は日本学術会議行動生物学分科会,共催は東京大学進化認知科学研究センター.(http://kokucheese.com/event/index/58888/) 開始時刻は午後6時というこ…

 日本鳥学会 100 周年 公開講演会&公開シンポジウム 

日本鳥学会は由緒ある大学会だが,本年はその創設100周年ということで,100周年記念大会が9月14日から17日まで東京で開かれた.間の日曜日である16日には午前中に記念式典が開かれ,午後には公開行事として記念講演とシンポジウムが開催された.というわけで…

 鳥の色シンポジウム 「色・鳥どり」 

「色・鳥どり」 去る8月25日に日本鳥学会の企画による鳥の色彩についてのシンポジウムがあったので参加してきた.会場は東大弥生キャンパス内の一条ホール.一般向けの楽しいシンポジウムであり,会場にはバードウォッチャーらしい方々も大勢来場されていた…