第12回日本人間行動進化学会(HBESJ SHIROKANE 2019)参加日誌 その1

f:id:shorebird:20191209160128j:plain
 

大会初日 12月7日 その1

  
本年のHBESJは明治学院大学の白金キャンパス.明治学院大学は,ヘボン式ローマ字で有名なヘボン(James Curtis Hepburn)博士により創設されたミッション系の大学だ.シロガネーゼの闊歩する高級住宅地の一角にあるキャンパスはいかにもの風情で,素晴らしい.
 
 
f:id:shorebird:20191209160116j:plain
 

口頭セッション1

 
会長による開会挨拶が予定されていたようだが,眞理子会長に所用が発生し夕刻以降の参加になったということで事務連絡のあと早速口頭セッションに
 

罰システムは協力行動のCrowding-out 現象をもたらす:公共財供給実験による検討 金恵璘

 

  • 協力の進化においてはフリーライダー問題の解決が重要になることはよく知られている.
  • 代表的な仕組みはサンクション(罰と報償を含む)になる.
  • しかしこのサンクション自体が集団の社会的選好を変えてしまうケースもあることが知られている.有名なのは,保育園のお迎えに遅れる保護者に罰金を導入したら,かえって遅刻が増え,罰金制をやめても元に戻らなかったという事例だ.これは遅刻の意味が変わってしまったために生じたと考えられている.ここではこのような社会的選好の(非協力方向への)変更をクラウディングアウトと呼ぶ.

 

  • 本研究では罰が本当に社会的選好を変えるのか.その際に生じたクラウディングアウトは集団レベルだけでなく個人レベルでも非効率をもたらすのかを調べた.
  • 学生384人を被験者とし,4人1組で罰ステージ付きの公共財ゲームを1セッション16回やってもらう.各自最初に100ポイント持ち,1回あたり最大10ポイントまで投資する.4人の投資額合計を16倍にして均等に配分する.ここで投資に対するコストを線形に付加する形と非線形に付加する(大きな投資にはより追加コストがかかる)形の2種類のゲームを行う.(それぞれのナッシュ均衡投資額は線形ゲームでは0ポイント,非線形ゲームでは2ポイントになる).当初は罰なしで行い,途中で罰ステージを設け,さらにその後罰なしステージに戻す.罰ステージでは罰として可罰者の提供ポイントの4倍が差し引かれる.
  • 結果:線形,非線形どちらのゲームでもまず最初に徐々に投資額が下がっていき,罰導入と共に投資額は跳ね上がる.その後罰を外すと投資は下がり,当初のレベルよりも下になる.
  • 注目すべきは非線形ステージで,当初の罰なしステージでは投資額がナッシュ均衡以下になることはなかったが,一旦罰を入れたあとの罰なしステージではナッシュ均衡以下の投資額になる場合が数多く見られた(平均は2をわずかに下回る程度だが,最頻値は0になった).
  • この結果は罰によるクラウディングアウトが生じていること,非線形ゲームの結果を見るとそれは個人レベルでの非効率も生じさせていると評価できる.
  • 今後はクラウディングアウトが発生するメカニズムについて調べていきたい.

 
Q&Aでは社会的選好の定義が議論されていた.

このクラウディングアウトがなぜ生じるのかは確かに興味深い.保育所の遅刻については,遅刻が道徳的に悪い行為から金を払って手に入れるサービスのようにフレームが変わったのではないかという説明を聞いたことがあるが,この公共財ゲームでは相手から罰を受けたりしているうちに自分のポイント絶対値最大化ゲームから,相手より相対的に勝てば良いゼロサムゲーム的に認識が変化したのだろうか.参加者が「ナッシュ均衡は0より上だ」と気づいていたのかのところもちょっと気になるところだ. 
 

2者間の相互作用によるリスク選好の収束 杉本海里

 
他者の振る舞いを観察することによりリスク選好が同調するのか,どのような形で同調するのかについての発表.残念ながらSNSでの言及を控えて欲しいマークがついているのでここでの紹介は差し控える.
 

婚姻交換による親族構造形成のダイナミクス 板尾健司

 

  • ヒト社会には様々な婚姻交換のシステムがある.この創発を物理モデルで説明したい.
  • 通常の伝統的な社会は,家族血縁の小集団リネージが集まってクランを作るという構造になっていることが多い.そしてクラン内はそれほど血縁度が高くなくてもインセストタブーに含まれていることが多い,
  • その結果配偶相手は他クランから得ることになるが,双方向か,一方向かの違いがある.またこれに世代が絡んで同世代婚がなされる場合と,異世代間のみでなされる場合がある.これらの組合せでいろいろなシステムがある.例えば文化人類学では全面交換型はカースト制になりやすいのかなどの議論がある.
  • ではどのようにしてこのような様々なシステムが創発するのか.モデルを作ってみた.
  • <1次元モデル>リネージとクランのある集団を想定する.各個人は自らの形質 t とどのような形質の相手と婚姻したいか p の2つの形質値を持つ.t と p により協力と(配偶相手をめぐる)競争がの大きさが決まり,それにより繁殖成功が決まる.全体は人口動態を含んだマルチレベル淘汰モデルになる.この中でどのような婚姻交換を行うクランとインセストタブーが進化するかを見る.
  • <2次元モデル>1次元モデルに父から受け継ぐ性質と母から受け継ぐ性質の二つを持たせる.(これは父から名前をもらい母と住むなどの形を表現したもの)
  • こういう形でシミュレートすると協力と競争を決めるパラメータにより様々な婚姻システムが(ちょうど相転移のように)創発する.女性をめぐる競争が強いと限定交換的,クラン内の協力が重要になると全面交換的になる領域になる
  • これまで報告された民族集団に当てはめてみると,限定交換であったアボリジニやヤノマミは狩猟採集民で女性のめぐる競争が激しいと思われ,農耕民では集団間の争いがあり,全面交換になる傾向があり,このモデルと整合的だ.

 
流れるような説明で,モデルの詳細はよくわからなかった.クラン内の婚姻がOKになるとクラン内男性同士で激しい競争になる.だからその弊害が大きな状況でマルチレベル淘汰をかけると厳しいインセストタブーが進化しやすく,集団間の争いがあるとそれにより男性同士の争いが緩和されるので緩いインセストタブーになるということなのだろうか.
 
ここで最初の口頭発表が終了.
 
これは明治学院大学創設者のヘボン博士の銅像だ.
 
f:id:shorebird:20191209160106j:plain

Virtue Signaling その12


Virtue Signaling: Essays on Darwinian Politics & Free Speech (English Edition)

Virtue Signaling: Essays on Darwinian Politics & Free Speech (English Edition)

  • 作者:Geoffrey Miller
  • 出版社/メーカー: Cambrian Moon
  • 発売日: 2019/09/17
  • メディア: Kindle版
 
 
ミラーは道徳的な徳は,良い遺伝子,良い親,良いパートナーのハンディキャップシグナルとして性淘汰で作られた産物ではないかという仮説を提示した.この検証の方法論に入る前にまずいくつか整理を行う.通文化性,利他性に繁殖利益を与えることによりより協力的な平衡に移行させる可能性,そして特殊な正のフィードバックがかかる可能性だ,

 

道徳規範や道徳的徳への配偶選好を通文化的にみるとどうなのか

 

  • このようなことを通文化的に調べると,1つの疑問が持ち上がる.それはなぜ一部のモラル選好には大きな文化差が見られるのかという疑問だ.ここでも徳倫理学的アプローチは異なるレベルの分析を明確化するのに役立つ.
  • 私は次のように考えている:どの文化でも人々は知性,メンタルヘルス,感情的安定性を道徳的徳として評価する.しかし文化・社会・経済・生態的コンテキストによってそれをデモンストレートする方法が大きく異なるのだ.
  • これまでになされた大規模なヒトの配偶選好リサーチには1989年のバスによるもの,2004年のシュミットによるものがある.男女に共通する強い選好形質は,優しさ,知性,刺激的パーソナリティ,順応性,創造性,貞操,美しさだった.これらは多くの文化で擬道徳的と評価される.
  • ほとんどの文化で,淫乱,不貞,略奪愛は調和性の低さ,誠実性の低さを示すものとされる.
  • 恋人募集広告のリサーチでは,人々は通文化的に道徳的傾向(特に親切さ,正直さ,貞操,信頼性)を広告し,相手に求めていることがわかっている.

 

性淘汰と平衡淘汰

 

  • 非常に興味深いのは性淘汰とグループレベルの平衡淘汰に相互作用が生じる可能性だ.
  • 多くの進化ゲームには複数の均衡解がある.均衡解にはそのグループ内の皆にとっていいもの(パレート最適なもの)とそうでないものがある.自然淘汰だけで非パレート最適平衡からパレート最適平衡に移行することは通常困難だ.
  • しかし性淘汰は利己的で反社会的な平衡から逸脱する個体に繁殖利益を与えることにより非パレート最適平衡から抜け出す道を作るかもしれない.
  • これは利他行為を説明する間接互恵性理論の評判に似た機能だといえる.しかしながら標準的間接互恵性モデルは二次的なフリーライダー問題を惹起させる.この利他罰問題を解決しようとする多くの説明はその個体の利益を明確化することなく文化進化や社会規範ダイナミクスを使う.
  • これに対して(性淘汰)配偶選択モデルは利他的行為を行う個体にインセンティブを与える.だから道徳的個体の行動によってヒトの社会にしばしば現れる集合行為問題を解決することが可能になる.(道徳的個体の利益は繁殖利益だけでなく,友人や同盟などによるものも可能だろう)

 

  • このような性淘汰モデルとグループ淘汰モデルを相互作用させると,グループレベルで非常に素速くよりパレート最適な平衡が選ばれることにつながる.

 

選り好みの強さ(choosiness)と道徳的徳

 

  • ダーウィン以降の伝統的性淘汰理論では配偶選好性と選好される形質は明確に区分されてきた.しかしながらもしヒトの配偶選好が性的信頼性,貞操,選り好みの強さという(相手の)選好性自体にかかるならそれは新しい形のポジティブフィードバックを産むだろう.
  • 友人や遊び仲間の選択がルーズなことが非道徳的に受け取られるように,配偶相手のだらしない選び方もそう受け取られる可能性がある.
  • 我々は高度に社会的な動物であり,他人の性的振る舞いを観察し,記憶し,噂話をする.これにより高度な配偶選択能力がそれ自体コストのあるモラルシグナルとして選好される性淘汰産物になることが可能だ.
  • このダイナミクスの理論的可能性は私の知る限りまだ探索されていないようだ.

 
2番目の指摘はハンディキャップシグナルによる繁殖利益が進化ゲームの動態を変える可能性の指摘で興味深いところだ.3番目の選好性自体がハンディキャップシグナルになるという可能性も理論的には興味深いものだ.ただこれらの問題は私の知る限りあまり広く議論されていないようだ.

Virtue Signaling その11


Virtue Signaling: Essays on Darwinian Politics & Free Speech (English Edition)

Virtue Signaling: Essays on Darwinian Politics & Free Speech (English Edition)


道徳の個人差についてミラーはここまでにビッグ5,メンタルヘルス,知性を取り上げた.

本当にこれらの傾向は道徳的徳と判断されるのか

 

  • このようなパーソナリティやメンタルヘルスや知性の傾向は,一体どういう意味で「擬道徳的」だというのだろうか.そう考えるべき理由が4つある.最初の3つは社会心理学の知見であり,最後の1つはポピュラーカルチャーから導かれるものだ.
  1. ほとんどの人は「創造性,美しさ,地位,富はそれらを持つものにメリットを与え,道徳的徳の原因でも結果でもある」という「世界観」を持っている.人々はこうした傾向をモラルに関連づけ,モラルと結合価を持つものとして扱うのだ.
  2. 潜在的連合テストを用いたリサーチによれば,人々は他人の評価について善悪の次元で行い,それは道徳的善,感じの良さ,楽しさ,肉体的美しさとごちゃまぜになっている.
  3. このような傾向には強い「ハロー効果」がある.例えば美しい,あるいは地位が高い,あるいは裕福な被告は無罪と判断されやすいのだ.逆に道徳的に善だと思われていると,その人は美しく健康だと評価されやすい.いずれも人々は道徳的善をパーソナリティ,メンタルヘルス,知性,肉体的美しさと混同しているのだ.
  4. 人々はしばしばこのような擬道徳的傾向を極端に誇張して神話的人物に当てはめる.例えば,神,政治的リーダー,映画のキャラクター,スーパーヒーローなどがそうだ.

 

  • ソクラテスのころから哲学者たちは実証的には様々な相関する傾向を区別しようとしてきた.ほとんどの哲学者は要因分析ではなく,必要条件と十分条件によってものごとを定義しようとする.だから道徳哲学者は上記のように道徳的善と社会的名声と経済的価値と性的魅力をごちゃまぜにすることを認めることを嫌がるだろう.
  • しかし哲学者たちがヒトの道徳の進化を押し進めてきたわけではない.ヒトの道徳の記述的説明を行いたいのなら普通の人々の感覚に耳を傾けるべきだ.それは実証的な問題なのだ.

 
普通の人が道徳と美しさと地位と富をごちゃ混ぜにしているというのはなかなか衝撃的な指摘だ.誰もがこれは次元の異なるものだと意識的にはわかっていても,無意識的にはそういう傾向を持っているということなのだろうか.
邪神やダークヒーローよりもモラル的な神やヒーローが多いのは確かだ.そうでなければ布教や物語が受け入れられにくいというのは確かにあるのかもしれない.
 

道徳的徳は本当に性的に魅力的なのか

 

  • リサーチは多くの道徳的徳(親切,感じの良さ,正直,英雄性など)が性的に魅力的で,関係の安定性に効いていることを見いだしている.多くのこのような徳への選好は長期的なパートナーを探しているときに強くなる.但しリスクのある英雄性への選好は女性が短期的な相手を探しているときに強くなる.
  • これらのリサーチの問題は,このような選好性が,良い遺伝子のためか,良い子育て投資のためか,良いパートナー探しのためかを区別できていないことだ.
  • 配偶選択のリサーチの基本は,まずシグナリング淘汰圧を与える選好性を示し,次になぜそのような選好性があるのかを調べることだ.この後者のステップはより繊細なリサーチデザインが必要になる.

 
ここからミラーは仮説の検証に向けた議論をすすめていくことになる.

書評 「正解は一つじゃない 子育てする動物たち」

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51757HChQsL._SX347_BO1,204,203,200_.jpg


 
本書は様々な動物たちに様々な形の子育てがあることを解説する本だ.それぞれ自身が子育てする親である生物学者たちが,自分の専門の動物の子育てを楽しそうに解説してくれる.背景には現代日本の子育ての現場で「子育てはこうしなければならない」という根拠のないアドバイス(あえて迷信といってもよい)があふれているということがあるようだ.もっと肩の力を抜いて子どもに向き合いましょうという柔らかなメッセージが伝わってくる.それぞれの章末に自分の研究紹介コラムに加えて子育てエッセイが収録されているのもそういう含みだろう.
 

第1部

 
第1部は子育てとは何かという基礎解説編.
 
第1章は全体のテーマを提示する章.まずヒトの子どもの様々な特徴に与える家庭環境(つまり子育てのあり方)の影響はかなり小さいという行動遺伝学の知見を示し,子育てが重要でないはずはないがただ一つの正解があるわけではない,むしろ様々なあり方があって当然であることをやんわりと指摘する*1.これが様々な動物の子育てを見ながら感じて欲しい本書の基本テーマになる.そこから進化,子育ての進化の初歩的な解説がなされる.
続いて第2章でヒトの子育ての生物学的な特徴が解説される.成長に時間がかかること,男女のペアが社会の基本であること,出産は困難で子育て投資が大きいが(近縁の類人猿に比べて)多産であること,母親だけでなく,兄弟姉妹,祖母,父親が子育てを手伝うこと(共同保育)などが解説されている.
 
第3章は巷にあふれる「母性神話」を打ち砕く章で,力が入っている.母性神話というのは「子どもの成長には3歳までの幼児期が重要で,その時期には母親は愛情あふれた育児に専念するべきだ」というようなもので,40年以上前から実証的には否定されているが今でもささやかれているものだ.これに対して,少し前までは共同体の中での共同保育が通常で,主に母親が育児に専念するようになったのは産業化以降の新しい現象であること,ホルモンによる子どもへの「原初的没頭」は父親にも発現しうるものであること,実証的には育児に専念する専業主婦の方が育児ストレスや夫や子どもに対するネガティブな感情が大きい傾向があることをまず指摘する.そこから神話の中核にある「愛着理論」について詳しく論じ,それは子どもと母親に限られた絶対的なものではなく,子どもは柔軟に様々なアタッチメントを発達させられることが強調されている.最後に保育所保育による悪影響があるという決定的事実はなく,ポジティブな効果も報告されていることを指摘している.
第4章は卵子と精子について解説し,さらに生殖補助技術(不妊治療,家畜の育種改良や絶滅危惧種保全のための人工授精など)についても扱っている.至近的な説明がなかなか詳しい.
 

第2部~第4部

 
第2部,第3部,第4部は様々な動物の様々な子育ての様子を紹介している.本書の中心部分であり,楽しく読めるところだ.扱われている動物はラット,マウス,ニホンザル,ハト,テナガザル,オランウータン,トゲウオ,アリ,マーモセット,ゴリラ,ペンギン,シクリッド,ツキノワグマ,ジュウイチ,ノラネコ,オオカミとイヌ,チンパンジー,イルカになる.興味深かったところを紹介しよう.
 

  • ラットは未出産メスでもオスでも仔ラットの匂いに慣れさせると子育て行動をするようになる.授乳はできないがそのためのクラウチング行動は行う.出産メスのための脳のメカニズムが発現してしまうためだと思われる.
  • レバーを押すと(餌の代わりに)自分の子どもが与えられるという装置で実験すると母ラットは自分の仔を巣に回収したいという飽和しない強い動機を持っていて3時間で684回のレバー押しが見られた個体もある(回収後次々に装置に戻す形で実験を行う).
  • オスマウスは「交尾をしたか」,「メスマウスと同居しているか」という経験の有無によって,仔マウスに対して「喰い殺す」「子育て」の正反対の反応を示す.
  • 仔マウスは首をつかまれると心拍数が低下しおとなしくなるという「輸送反応」を示す.ヒトの赤ちゃんがだっこして揺らしたり歩き回ったりすると泣き止むのも同様の輸送反応だと思われる.
  • ドバトは世界中に分布しているが,伝書鳩が迷いバトになって広がったのだろう.
  • テナガザルは大声で歌うことで有名だが,オスの歌とメスの歌の旋律は異なり,毎朝夫婦デュエットする.緊密な一夫一妻制で有名だが,近年の研究では婚外交尾が予想より多いことが明らかになった.死亡率は離乳前の乳児期が高いが,主な死因は樹上からの落下事故のようだ.
  • 現在ではオランウータンについて,スマトラ島に2種(スマトラオランウータンとタパヌリオランウータン),ボルネオ島に1種(ボルネオオランウータン)の合計3種が認められている.オランウータンは少産少死であり,天敵がいないこと,樹上生活で感染症が少ないことが死亡率が少ないことにつながっている.常に一人っ子状態なので,子どもは母親に対してわがままになったり駄々をこねたりしない*2
  • マーモセットは父親や兄弟姉妹も参加して共同保育を行う.霊長類では例外的にメスによる子殺しが報告されている.群れの中で最優位のメスのみが繁殖するが,例外的に劣位メスが出産した場合には最優位メスによる子殺しが行われることがある.
  • ゴリラの群れの中で子ども同士が争いになるとメスは自分の子の味方,オスは(すべて自分の子なので)弱い方の味方になる.
  • コンピクトシクリッドは一夫一妻制で,通常オスの方が大きく,オスがナワバリ防衛,メスが子育てと分業しているが,(人為的に)メスの方が大きなペアを作らせると役割を逆転させる.
  • クマはドングリの凶作年にはドングリを求めて「渡り」のような移動をすることがわかってきた.
  • ノラネコではかなりの頻度でオスによる子殺しが見られる.メスは共同で子育てをしてオスから防衛を試みることがある.また1例だがオスが我が子を防衛しようとした観察例がある*3
  • オオカミはオスメスペアとその子どもたちという核家族的な群れで生活するが,ノライヌはそのあたりの絆形成が弱くなっており,無家族で乱婚性の社会となり,子育てもメスのみのワンオペ型になる.

 
以上が本書の内容で,とにかくも楽しい本に仕上がっている.研究紹介コラムや子育てエッセイもぴりりといい味を出している.子育て中の人には特に楽しめる一冊ということになるだろう.*4*5
 

*1:また家庭環境の影響が小さいことは,公教育が充実していることを意味し,特別な教育法を実践する余裕がなくとも心配する必要がないとも指摘されている

*2:次の子どもとの間で離乳のコンフリクトがあってもよさそうだが,残念ながらそのあたりの解説はない

*3:これは「ダーウィンが来た!」の撮影で得られたそうだ

*4:ただ残念なのは,本書のテーマに深く関連している「オスメス間でどのように子育て投資が決まるか」の進化理論が第1部できちんと取り上げられていないことだ.このため何人かの執筆者が簡単な説明をしようとしているが,それぞれスタンスも異なるし,別のモデルに依拠していたりして,読者は混乱してしまうだろう.かなり微妙な問題なので総説の書き手がいなかったということかもしれないがチャレンジして欲しかったところだ.

*5:もう1つ細かいところではアリの章でアリの真社会性の進化について単純な3/4仮説だけで説明できるかのような記述になっているのも今日的にはややナイーブで気になるところだ

訳書情報 「21世紀の啓蒙」

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51otHSpGAzL._SX345_BO1,204,203,200_.jpg
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51vJBFdLqBL._SX344_BO1,204,203,200_.jpg



 
先日私が書評したスティーヴン・ピンカーの最新刊「Enlightenment Now: The Case for Reason, Science, Humanism, and Progress」が「21世紀の啓蒙:理性,科学,ヒューマニズム,進歩」という邦題で草思社より邦訳出版されるようだ*1(12月18日発売予定)邦題も副題もあまり奇をてらわずにストレートでよいと思う.


私の原書書評はhttps://shorebird.hatenablog.com/entry/2019/11/23/143736
原書の読書ノートはhttps://shorebird.hatenablog.com/entry/20180221/1519210562より中断をはさみながら連載.ピンカーによる原書に対する批判への応答に関してはhttps://shorebird.hatenablog.com/entry/2019/08/25/081209より連載している.


原書

Enlightenment Now: The Case for Reason, Science, Humanism, and Progress (English Edition)

Enlightenment Now: The Case for Reason, Science, Humanism, and Progress (English Edition)

*1:残念ながらとりあえずはハードカバーのみのようだ.早く電子版と同時発売がデフォルトになっている米国のようになってほしいものだ.