書評 「博士の愛したジミな昆虫」

博士の愛したジミな昆虫 (岩波ジュニア新書)岩波書店Amazon 本書は岩波ジュニア新書の一冊で,10人の昆虫博士たちがジミな昆虫についての自分の研究を中高校生向けに語るアンソロジー.内容もかなり高度なものまでわかりやすく語られていて,なかなか面白い…

From Darwin to Derrida その150

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その15 相互的情報と意味 その2 ヘイグは意味は解釈に先立って情報の中に…

From Darwin to Derrida その149

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その14 いかにも興味深いツインメルマン電報の逸話を扱った後,意味につい…

書評 「The Parasitic Mind」

The Parasitic Mind: How Infectious Ideas Are Killing Common Sense作者:Saad, GadRegnery PublishingAmazon 本書は進化心理学者ガッド・サードによる一冊.ガッド・サードは消費者心理やマーケティングを進化心理学的に分析考察する業績で知られている.…

From Darwin to Derrida その148

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その13 ヘイグによる意味と解釈の話.いかにも興味深いツインメルマン電報…

From Darwin to Derrida その147

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その12 ヘイグは送信者と受信者,意味と解釈について遺伝子とそれを読むポ…

書評 「進化政治学と平和」

進化政治学と平和 科学と理性に基づいた繁栄作者:伊藤 隆太芙蓉書房出版Amazon 本書は進化政治学者伊藤隆太による3冊目の進化政治学本になる.伊藤は1冊目の「進化政治学と国際政治理論」では国政政治理論の古典的リアリズムを進化心理学的知見を基礎に進化…

From Darwin to Derrida その146

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その11 ヘイグは送信者と受信者(そしてその内部のサブ解釈者たち)により…

From Darwin to Derrida その145

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その10 ヘイグは送信者と受信者(そしてその内部のサブ解釈者たち)により…

訳書情報 「ヒトは〈家畜化〉して進化した:私たちはなぜ寛容で残酷な生き物になったのか 」

ヒトは〈家畜化〉して進化した―私たちはなぜ寛容で残酷な生き物になったのか作者:ブライアン・ヘア,ヴァネッサ・ウッズ白揚社Amazon 以前私が書評したブライアン・ヘアとヴァネッサ・ウッズ夫妻による「Survival of the Friendliest」が「ヒトは〈家畜化〉し…

From Darwin to Derrida その144

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その9 シグナルの送信者と受信者にとって,それぞれのシグナルを送受信す…

From Darwin to Derrida その143

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その8 だんだん難解になる「Making Sense」.送信者(最初の解釈者,情報…

書評 「証拠法の心理学的基礎」

証拠法の心理学的基礎作者:マイケル・J・サックス,バーバラ・A・スペルマン日本評論社Amazon 本書は英米法の中の証拠法について,心理学的な視点から考察を行う本だ.心理学と法学のコンシリエンス的な内容で面白そうだし,海外ドラマの法廷ものを観るときに…

From Darwin to Derrida その142

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その7 だんだん難解になる「Making Sense」.送信者(最初の解釈者,情報…

From Darwin to Derrida その141

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その6 だんだん難解になる「Making Sense」.「意味」は物理的存在は離れ…

書評 「進化と人間行動 第2版」

進化と人間行動 第2版作者:長谷川 寿一,長谷川 眞理子,大槻 久東京大学出版会Amazon 本書は進化心理学,人間行動進化学の(日本語で書かれた)最も優れた入門書として読まれ続けてきた本*1の22年ぶりの改訂版である.著者には初版の長谷川夫妻に大槻久が加わ…

From Darwin to Derrida その140

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その5 情報,解釈,意味,目的をめぐるヘイグの難解な議論.その趣旨は意…

書評 「Birds and Us」

Birds and Us: A 12,000 Year History, from Cave Art to Conservation (English Edition)作者:Birkhead, TimPenguinAmazon 本書はティム・バークヘッドによる鳥類と人類のかかわりについての本になる.バークヘッドは鳥類の性淘汰をめぐる研究で有名な鳥類…

From Darwin to Derrida その139

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その4 情報,解釈,意味,目的をめぐるヘイグの議論はだんだん哲学的で難…

From Darwin to Derrida その138

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その3 ヘイグは水素のあるなしを条件としてマッチを擦る機械仕掛けを提示…

書評 「寄生虫進化生態学」

寄生虫進化生態学作者:Robert Poulin共立出版Amazon 本書は寄生虫(本書の定義は「寄生性の原生動物と後生動物」で細菌やウイルスを含まない)についての進化生態学の教科書である.著者は寄生虫学者のロバート・ポーリン.原題は「Evolutionary Ecology of …

From Darwin to Derrida その137

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その2 意図を扱う第12章.ヘイグは単にロウソクにマッチを擦る機械仕掛け…

From Darwin to Derrida その136

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 第12章 意味をなすこと(Making Sense) その1 意図を扱う第12章では冒頭で以下の文が提示されている. In princip…

訳書情報 「モテるために必要なことはすべてダーウィンが教えてくれた」

モテるために必要なことはすべてダーウィンが教えてくれた 進化心理学が教える最強の恋愛戦略作者:タッカー・マックス,ジェフリー・ミラーSBクリエイティブAmazon 以前私が書評したジェフリー・ミラーとタッカー・マックスの「What Women Want*1」が,「モテ…

From Darwin to Derrida その135

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 幕間 その6 機能をオリジナルなものに限るかどうかという話から,ヘイグは機能的形態学者の議論を紹介する.彼等の…

From Darwin to Derrida その134

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 幕間 その5 機能をそのオリジナルなものにこだわるという(グールドの主張に見られる)姿勢は好古趣味としてはいい…

書評 「社会科学の哲学入門」

社会科学の哲学入門作者:吉田敬勁草書房Amazon 本書は科学哲学の中で特に社会科学の哲学についての入門書だ.私は社会科学についても哲学についてもあまり詳しくはない.そして最近読んだ進化政治学の本においては著者が実在論にずいぶんコミットしているも…

From Darwin to Derrida その133

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 幕間 その4 グールドの「外適応」とセットになった「オリジナルな機能のみを適応と呼ぼう」という提案に対して,ヘ…

From Darwin to Derrida その132

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 幕間 その3 ヘイグはポジティブ淘汰とネガティブ淘汰の概念を提示し,グールドの外適応を含む用語提案を批判した.…

From Darwin to Derrida その131

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 幕間 その2 幕間といいつつ,ここでヘイグはポジティブ淘汰とネガティブ淘汰の概念を説明し,適応主義者と構造主義…