From Darwin to Derrida その200

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 最終章「ダーウィニアン解釈学」.文理の学問の違いを議論し,人文学には直感的経験的把握という要素があることを…

From Darwin to Derrida その199

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 最終章「ダーウィニアン解釈学」.文理の学問の違いを議論し,人文学には直感的経験的把握という要素があることを…

From Darwin to Derrida その198

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 最終章「ダーウィニアン解釈学」.文理の学問の違いを議論し,人文学には直感的経験的把握という要素があることを…

From Darwin to Derrida その197

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 最終章「ダーウィニアン解釈学」.大学の文理に関する蘊蓄を披露したヘイグは,ドイツの哲学者ディルタイの「自然…

書評 「哺乳類前史」

哺乳類前史: 起源と進化をめぐる語られざる物語作者:エルサ・パンチローリ青土社Amazon 本書は古生物学者エルサ・パンチローリによる哺乳類の祖先たちを語る本だ.哺乳類については恐竜絶滅後の大放散の物語が有名だが,それ以前の古生代,中生代の祖先たち…

From Darwin to Derrida その196

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 最終章「ダーウィニアン解釈学」.大学の文理に関する蘊蓄を披露したヘイグは,ドイツの哲学者ディルタイの「自然…

From Darwin to Derrida その195

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 最終章「ダーウィニアン解釈学」.大学の文理に関する蘊蓄を披露したヘイグは,ドイツの哲学者ディルタイに言及す…

From Darwin to Derrida その194

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon 最終章「ダーウィニアン解釈学」.ヘイグは大学における文理の起源に遡る蘊蓄からはじめる.そして「解釈学」の起…

From Darwin to Derrida その193

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon このヘイグの難解な本もいよいよ最終章に来た.表題は「Darwinian Hermeneutic」とあり,またまた難解そうだ. 第1…

訳書情報 「傷つきやすいアメリカの大学生たち」

傷つきやすいアメリカの大学生たち:大学と若者をダメにする「善意」と「誤った信念」の正体作者:ジョナサン・ハイト,グレッグ・ルキアノフ草思社Amazon 以前私が書評した「The Coddling of the American Mind」が「傷つきやすいアメリカの大学生たち:大学…

訳書情報 「ドーキンスが語る飛翔全史」

ドーキンスが語る飛翔全史作者:リチャード・ドーキンス早川書房Amazon 以前私が書評したリチャード・ドーキンスの最新刊「Flights of Fancy」が「ドーキンスが語る飛翔全史」という邦題で邦訳出版されるようだ.「魅惑の飛翔」という原題に比べてちょっとダ…

From Darwin to Derrida その192

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon ヘイグは第14章において自由について語る.私たちは遺伝にも経験にも完全に拘束されず,意思決定は内的な目的(tel…

From Darwin to Derrida その191

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon ヘイグは第14章において自由について語る.私たちは遺伝にも経験にも完全に拘束されず,意思決定は内的な目的(tel…

From Darwin to Derrida その190

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon ヘイグは第14章において自由について語る.私たちは遺伝にも経験にも完全に拘束されているわけではない.ヒトは意…

第15回日本人間行動進化学会(HBESJ SAPPORO 2022)参加日誌 その4

sites.google.com 大会も二日目の午後となり,最終発表になる. 第二日目 その2 口頭発表 4 「共有現実」の社会的創発の認知・神経基盤 小倉有紀子 共有現実とは世界の見方についての共通認識であり,ある社会では何が普通なのかについての認識,あるいは社…

第15回日本人間行動進化学会(HBESJ SAPPORO 2022)参加日誌 その3

sites.google.com HBESJ二日目.この日も口頭発表と招待講演がプレナリーで行われた. 第二日目 口頭発表 その3 アップストリーム型とダウンストリーム型間接互恵性の統合モデルのダイナミクス分析 佐々木達矢 これまで間接互恵性の数理モデル解析がいろいろ…

第15回日本人間行動進化学会(HBESJ SAPPORO 2022)参加日誌 その2

sites.google.com 第1日目 その2 口頭発表 その2 道徳性の進化要因と機能とは?:進化的暴露論証の基底の検証 内藤淳 今回は倫理学的な議論を提示したい. ムーアは自然主義的誤謬という概念を提示し,進化論は倫理学に対していうべきことを持たないと主張し…

第15回日本人間行動進化学会(HBESJ SAPPORO 2022)参加日誌 その1

sites.google.com 本年の日本人間行動進化学会の大会は札幌の会場とオンラインのハイブリッド開催となり12月10日,11日の二日間で開催された.冬の札幌で美味しいものを食べ歩くのもありかと思ったが,いろいろあって結局オンライン参加におちついた. 招待…

書評 「「ネコひねり問題」を超一流の科学者たちが全力で考えてみた」

「ネコひねり問題」を超一流の科学者たちが全力で考えてみた 「ネコの空中立ち直り反射」という驚くべき謎に迫る作者:グレゴリー・J・グバーダイヤモンド社Amazon 本書は物理学者であるグレゴリー・グバーが「ネコひねり問題」について語った本になる.「ネ…

From Darwin to Derrida その189

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon ヘイグは第14章において自由について語る.遺伝と経験はそれぞれ私たちを形作る.遺伝は劇場と俳優を用意するが,…

From Darwin to Derrida その188

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon ヘイグは第14章において自由について語る.遺伝と経験はそれぞれ私たちを形作る.遺伝は劇場と俳優を用意するが,…

From Darwin to Derrida その187

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon ヘイグは第14章において自由について語る.遺伝と経験が私たちをどのように形作っているのかについては,そのタイ…

From Darwin to Derrida その186

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon ヘイグは第14章において自由について語る.遺伝と経験が私たちをどのように形作っているのかをタイムスケールの違…

書評 「カタニア先生は、キモい生きものに夢中!」

カタニア先生は、キモい生きものに夢中!:その不思議な行動・進化の謎をとく作者:Catania, Kenneth化学同人Amazon 本書はホシバナモグラのような一風変わった動物の適応形質の謎を扱ったもので,その探索者である進化生物学者ケニス・カタニアの手になる一…

From Darwin to Derrida その185

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon ヘイグは第14章において自由について語る.遺伝や経験が私たちを外部からコントロールしているのか(拘束している…

From Darwin to Derrida その184

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon ヘイグは第14章において自由について語る.査問を受けたルターの話を引いた後,自由についての議論の本筋が始まる…

訳書情報 「親切の人類史」

親切の人類史――ヒトはいかにして利他の心を獲得したか作者:マイケル・E・マカローみすず書房Amazon 以前私が書評した「The Kindness of Strangers」が「親切の人類史」という邦題で12月に邦訳出版されるようだ.本書は実験心理学者であるマイケル・マカロー…

From Darwin to Derrida その183

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon ヘイグは第14章において自由について語る.ヴォルムス帝国議会で査問を受けたルターは「Hier stehe ich, ich kann …

From Darwin to Derrida その182

From Darwin to Derrida: Selfish Genes, Social Selves, and the Meanings of Life (English Edition)作者:Haig, DavidThe MIT PressAmazon ヘイグは第14章において自由について語る.進化の過程で行動という解釈を行うシステムはより精密になり,サブシス…

書評 「昆虫学者、奇跡の図鑑を作る」

[カラー版] 昆虫学者、奇跡の図鑑を作る (幻冬舎新書)作者:丸山宗利幻冬舎Amazon 今年の6月に「学研の図鑑 LIVE」シリーズの「昆虫」が刊行され,(特に虫が好きだとか詳しいわけでもない)私のところにもとんでもなく素晴らしいという噂が流れてきた.それ…